サーモンのカルパッチョ。

ガンバ大阪とアーセナルと、時々アイドル。

世界を救うというタスク。

 

どうも2日連続ごめんなさい。

初めてJ3の試合で記事を書きたいと思います。

書かないと昇華できない思いよ!成仏してくれ!!!

 

藤枝MYFC vs ガンバ大阪U23 @藤枝

J3藤枝戦。対静岡勢アウェイ連敗中。ヤングガンバがストップかけるための前振りだったんだ!そうだ!!そうに違いないでしょ!?!?ねっ!?

 

試合内容

試合内容としてはお互いよく言えば荒削り、悪く言えば雑。ただまぁ言ってしまえばそれがJ3の良さだったりもするわけで。私はそんなJ3、もといヤングガンバが大好き。その中でも芝本くんはほんと大好き。なんてすごいの…。来年あたりトップ来るんじゃないの!?!?超絶ハイパーウルトラ期待!!!!

 

 以上芝本くんへの賞賛ツイートでした。探せばまだまだあると思います。レッツサーチ!

 

今日の試合なんて論点2つしかないでしょう!

論点①:審判団

まずこれー。1失点目、誰がどう見てもオフサイドでした。DFラインがセルフジャッジで固まってしまったというのを厳し目に言ったとしても、あんなもん止まる。間違いなく止まる。だってオフサイドなんだもんっ!ではあれがなぜオフサイドではなかったのか、私なりの見解をつらつらと書いていきます。

オフサイドは昔のルールだよ説

知らない間にオフサイドというルールは時代遅れになったという説。オフサイドをなくそうぜ!というクレイジーな提案もあった近年、いつルールが変わるかわからない時代になりました。なのでオフサイドは今シーズンから廃止されたのかもしれません。

でも昨日そういえばオフサイドあった気がするので多分オフサイドというルールは存在していたはず。違う試合見てもオフサイドはバンバンありました。

…うーん。オフサイドはあったのか…。

 

②目の不調だよ説

これが一番有力かもしれない。

近視で遠くのDFがぼんやーーーーりとしてて本来のオフサイドラインより後ろに立ってるように見えたのかもしれない。もしくは乱視で一番奥にいたガンバのDFが8分裂くらいしてて、その中の深いラインにいたやつに合わせたのかもしれない。うん、多分そう。そうじゃなかったらおかしい。そうだとしてもおかしいのに。

 

魔法戦士☆SHINPAN

あの瞬間、藤枝付近だけ大幅な地場の歪みがあり、地形が歪みオフサイドラインも湾曲になっていたかも。…あるなこれ、あるぞ。そして壮大な技使いの審判団はその大幅な地場の歪みを元に戻そうとリセット魔法を使っていた。それが故に決定的なオフサイドシーンを見逃してしまったのかもしれません。そう考えると、審判団を責めるのはおかしい…いやむしろ地場の歪み、地球滅亡の危機、銀河系最大のピンチを救ってくれた審判団には盛大な拍手と賛辞を贈るべきなのかもしれない…。

 

 

そんなわけもなくただただ技量不足でした。なんというかひどすぎた。よくこれで審判という職業についたな、と。まぁ、次からちゃんとやってくれ。お前よりもイラついてる奴がいるのだ。

 

論点②:実況解説の伊藤圭介とかいうゴミ

伊藤 圭介(いとう けいすけ、1956年8月13日 - )は、静岡放送(SBS)の浜松総局局次長、元アナウンサー

伊藤圭介 (アナウンサー) - Wikipedia より

なんなんだこいつは!!!!!!!!!!!

私は、アウェイの放送の時、アウェイよりになってしまうのは仕方ないと思っていました。だって向こうの放送枠なんだもの。まぁうん。仕方ないよって思ってた。ただ伊藤。お前だけは別だ。神経逆撫でされた発言集。

後半、嫁坂が足を痛めたシーン

「嫁坂の方から蹴りに行ってるんですけどねぇ。」

平尾がイエローを提示されたシーン

「平尾はこんなスライディングをずっと続けてましたからねぇ!遅いくらいですよ!」

高江(?)のミドルのシーン

「オォォォォ!!!アブナァァァイ!!!!」

等々…。

(もしかしたら間違ってるかもしれないし誇張表現もあるかもです。こんな感じだったのかくらいでお願いします。)

 

いやっ!!!うるっせえぇぇぇぇぇぇぇぇえ!!!

 

 

ほんとこれに尽きる。

伊藤圭介という男を許すな!!!

 

苛立ちすぎるとどう書いていいかわからない。ボケれないということがわかった。

 

結果・まとめ

www.jleague.jp

結果はこちら。

内容がよくなってるだけに、審判に奪われてしまった1失点目が大きかった。

次の試合は切り替えて勝ってほしい!!ヤングガンバも応援してるよ!!!

 

そして私の感想はこんな感じ。

うーーーーーーーーーーん。苛立ちが残る。試合内容でもなく、審判と実況という、部外者に。これがまた納得いかない。チーム事情に苛立つならまだいいんだけどなぁ…

 

 

 

おしまい。